初めての転職を成功に導くための5つのステップ

当サイトは以下に該当する方を対象としています。

  • はじめての転職で、何から手をつければ良いのかわからないというあなた。
  • 第二新卒としての転職に不安を感じているあなた。

そんな「あなた」のために、転職成功の助けになるような情報をお届けしていきます。

管理職ポストでの転職を検討の方はこちらの記事をお読み下さい。

>管理職のための転職ガイド(現在年収750万円以上の方が対象)

はじめての転職の方や、第二新卒で転職を希望している方はこちらの記事をお読み下さい。

>第二新卒のための、はじめての転職で損しないための3つのポイント

はじめての転職を成功に導くための5ステップ

  1. 転職サイト、転職エージェントに登録する
  2. 転職エージェントの担当者と実際に面談して条件面などの希望を伝える
  3. 求人情報からあなたにマッチする案件の紹介を受ける
  4. 希望の転職先が見つかったら、転職エージェントの担当者と転職成功のための作戦会議を開く
  5. 紹介企業の採用面接を受ける

そして晴れて転職成功!!という流れになります。

ここで重要なポイントは、「はじめての転職でも親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントとの出会いで転職の成否がわかれる」ということです。

非公開求人の重要性

インテリジェンスの転職サイトdoda(デューダ)の公開情報によると、寄せられる求人情報は40,000件にも上るそうですが、そのうち、転職サイトで公開している求人情報は求人全体の1〜2割程度でしかないそうです。

非公開求人

残りの8〜9割が非公開求人!!ということなので、選択肢の幅を広げるためにも、非公開求人を多く保有している大手の転職エージェントへの登録は必須と言えます。

転職エージェントを選ぶ際に気をつけること

  • エージェントによって、非公開求人を扱っている案件(募集企業)が異なるので、まずは複数の転職エージェントへの登録が基本。
  • 異なる転職エージェントで同じ案件を扱っている場合でも、エージェントによってつながりの強さが異なるので、転職したい先の企業への過去事例(成功実績)を必ず聞くようにする。
  • はじめての転職の場合のサポート(書類審査対策、面接対策、入社後のサポートなど)がしっかりしているか確認する。
  • 担当者とは人と人との付き合いになるので、性格的に合う合わないは必ず出てきます。あまり合わないな、と思った場合は早めに担当変更を申し出るようにする。

特に、担当者さんと合わない時は、転職の成功にも大きくかかわってくるので、変更してほしいとはなかなか言いにくいかもしれません。しかし後々のことを考えると早い段階でちゃんと申し出るに越したことはありませんので、臆せず申し出ましょう。

2019年4月時点で登録すべき転職サイト一覧はこちら!

このところ、転職エージェントごとに強みを出すため、独占案件として他のエージェントでは取り扱えないように各クライアント企業と契約を結んでいるケースが増えています。

また先程もお伝えしたとおり、残念ながら担当者によって当たり外れや合う合わないがあるのも事実です。

やはりはじめての転職を成功に導くためには最低でも2〜3社は転職エージェントに登録しているというデータもあります。

以下に、国内大手の安心して利用できる転職エージェントと転職情報サイトを一覧にしましたので、登録の際の参考にしてみてください。

サイト名求人数おすすめ
ポイント
詳細
リクナビNEXT
約3,000件・総合求人サイト
・50代以上に強い
詳細を見る
マイナビエージェント
約21,000件・20〜30代に強い
・女性の転職に強い
・採用担当とのパイプが太い
詳細を見る
BIZREACH
約35,000件管理職案件に強い
(年収500万円以上の方対象)
詳細を見る
PASONA
約21,000件転職決定率が高い詳細を見る
doda
約17,000件他社と併用利用が多い詳細を見る
JACリクルートメント
約12,000件海外赴任案件に強い詳細を見る

運営者情報

運営者Nextlifestyle.Inc
中途採用専用・非公開求人情報サイト運営事務局
所在地東京都世田谷区弦巻3-7-2
連絡先09091006978

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする